婚活サイト 返事が遅い

一般的な婚活サイトでのメールのやりとりの頻度はどれくらい?

婚活サイト 返事

 

婚活サイトのメールのやりとりは、1日1〜2往復という方が多いです。

 

友達同士のメールのやりとりと違い、ある程度まとまった内容を送信することが一般的です。

 

長文過ぎてもいけませんが、結婚相手を探す場ですので、コミュニケーションに齟齬が生じないよう丁寧に書いていくと、通常よりも時間がかかりやすい傾向にあります。

 

1日1回返信があるなら平均的に遅いわけではありませんので、「返事が遅いから自分は嫌われているのでは?」などと心配する必要はありません。

 

婚活サイトで返信が遅い7つの理由

婚活サイト 返事遅い

 

婚活サイトでは最低でも1日1通程度のメールのやりとりが一般的ですから、2〜3日返事がこないような状態が頻繁にあれば、返事が遅い人だと言って間違いないでしょう。

 

では、具体的に婚活サイトで返事が遅い男女の特徴とはどんなものなのでしょうか?

 

そもそも返信する早い遅いの時間の感覚が違う

 

人によって返信スピードは異なります。

 

1日に何度もメールを確認して、すぐに返信する方ですと、返信に1日以上かかる相手については遅いと感じることでしょう。

 

そのような時は、自分の返信スピードを落としましょう。返信を催促しなくても、自分だけ早く返信していれば「急かされている」「ペースが合わない」と思われてしまい、かえって気まずくなります。

 

まずは相手のメールペースを把握して、相手に合わせて返信時間を調節しましょう。

 

相手への好意や興味・関心が低い

 

女性会員に多いですが、他に優先順位の高い相手がいる場合には、メールの返信が後回しになってしまうこともあります。

 

婚活サイトでは、複数の会員と同時にやりとりすることが一般的ですので、どうしても返信速度に差が出てしまいます。

 

あまり返事が遅い場合には、他の相手を探した方がよいかもしれません。

 

ただし、わざと焦らして相手の関心を惹こうとする方もおりますので、メールの内容と照らし合わせて総合的に判断しましょう。

 

本当に仕事が忙しい

 

仕事が忙しくて返事が遅れている場合もあります。仕事の合間に婚活している方は、休み時間や帰宅後などに返信しますが、残業があったり疲れていたりすると、十分時間が取れないこともあります。

 

特に同時進行で物事を進めることが苦手な方ですと、仕事優先となり婚活は後回しになりがちです。

 

メールの文面から忙しそうな様子が伺える場合には、返信速度を落とした方がよいでしょう。相手に催促してしまうと、婚活自体を負担に感じる可能性があります。

 

性格の問題

 

面倒臭がりの方ですと、それだけでメールの返信が遅くなる場合もあります。

 

返信自体が面倒というより、何を書くべきか色々考えた挙句、まとまらなくて後回しにしてしまう方もいます。利用者の中には、婚活に対して真剣に取り組んでおらず、メールのやりとりを重視していない方もいるでしょう。

 

じっくり考えて遅くなっているのか、単に面倒だから後回しにされているだけなのか、返信速度や内容から相手の性格を推し量るしかありません。

 

返信に困る内容で時間がかかる

 

送信したメールの内容にまとまりがないと、相手はどこに焦点を絞って書けばいいのか分からず、考えるのに時間がかかってしまいます。

 

長文の場合、相手も長文で返さなくてはならないと思いますので、文章の苦手な方には負担になります。

 

また、文章の中に相手への投げかけがなく自己完結のように終わってしまうと、返信した方がいいのかどうか迷ってしまい、後回しにされる可能性があります。

 

返信する時間を決めている

 

1日にメールを確認するのは昼休みや就寝前など、1日1回という方もいます。

 

たとえ早くメールに気付いても、返信内容をじっくり考えたい方などは、帰宅してからまとめて返信します。

 

相手のメールペースが一定であれば、自分が細かくメールをチェックしてもあまり意味がありません。

 

メールペースが合わないと感じている方は、返信メールの時間帯から相手のライフスタイルを推測してみましょう。

 

メールが苦手、メール嫌い

 

メール自体に抵抗がある方も少なくありません。メールは話し言葉と違いますし、後に残るものですので、どのような言い回しをすればよいのか悩んでしまう方もいます。

 

「丁寧を意識したら妙に堅苦しくなってしまった」「自分と相手の文章力に差があり自信を無くしてしまった」など、メールに対する苦手意識がある方も多いです。

 

返事が遅い場合には、ラインやチャットなど、他の連絡手段を取らないか提案してみるのもありでしょう。

婚活サイトでメールの返事が遅い人への4つの対処法

婚活サイト 返事遅い

 

婚活サイトでメールの返事が遅い人の理由は何となくわかってもらえたのではないでしょうか?

 

では、次に実際にメールが遅い人への対処法を4つ挙げてみます。

 

相手のペースに合わせる

 

返信ペースにズレが生じてくると、それが原因で連絡不能に陥る可能性もあります。

 

特に急ぎの用事がない場合には、基本的に相手のペースに合わせた方がよいでしょう。

 

また、文章の書き方や文量、絵文字の有無などにも気を付けましょう。相手のメールの書き方と自分の書き方があまりに違うと、空気が合っていないように思われます。

 

メールはあくまで他の連絡方法を取るまでの手段ですので、自分の書き方にこだわる必要はありません。

 

正直に遅い理由をきいてみる

 

返信が毎回遅い場合には、残念ですが、好意を持たれていない可能性があります。

 

しかし、何か理由があって遅れている場合もありますので、自己判断で「好かれていない」と諦める前に、メールが遅い理由について、思い切って尋ねてみるのもありでしょう。

 

ただし、「なんで毎回遅いの」とストレートに聞くと喧嘩になってしまいますので、「自分が相手に関心があるからこそ、遅い理由があれば聞きたい」ということが分かる文章にしましょう。

 

イチかバチか会う約束(食事やデート)に誘ってみる

 

メールを続けていても婚活は進展しません。いつかはデートに誘わなくてはならないので、メールを待つのにうんざりしたという方は、思い切ってデートに誘ってみましょう。

 

ひょっとしたら相手は誘われるのを待っているのかもしれません。まだ警戒されているように感じる方は、自分の連絡先を提示して相手の不安を取り除きましょう。

 

ある程度メールが続いている相手であれば、相手の関心も高いということですので、誘ってみる価値はあるでしょう。

 

合わないから諦める

 

メールの返信スピードは、性格に左右される部分もあります。あまりペースが合わない場合は、性格の不一致も考えられます。

 

婚活サイトには多くの女性がいますので、返事が遅い人はとりあえず保留しておき、他の人と交流してみてはいかがでしょうか。

 

他の人と比較してみると、返信が遅くても内容に気を遣っているなど、その人の良いところが見えてくるかもしれません。

 

多くの人とコミュニケーションを取る中で、自分に合う人・合わない人が見えてきます。

まとめ〜返事が遅くても婚活サイトでは基本的に待つ姿勢がベター

婚活サイト 返事遅い

 

婚活サイトでは、人によってメールのペースに差があります。

 

返事が遅いからといってネガティブにならず、相手の状況や性格を考慮して、気長に返事を待ちましょう。

 

本当に遅い場合には、システムエラーやメールの見落としなども考えられるので確認するのもありですが、基本的には待ちの姿勢です。

 

メールのやりとりが苦手な方は、婚活パーティに参加するなど、他の婚活方法も考えられます。

 

⇒管理人おすすめの婚活サイトや婚活パーティーはコチラの記事に書いています