婚活女子 モテない 

完璧すぎる人、リアクションが薄い人などは要注意

婚活サイト

 

失敗続きで何が駄目なのかと思っている婚活女子も多いと思います。

 

もてない理由は複数あって、まず挙げられるのが「あの人は何で結婚できないの」って感じの欠点がないことです。欠点がないのはよいことのように思えますけど、男性は結婚相手に完璧な人を選ばない傾向にあります。

 

見下しているわけではないのですが、どこか欠点がある人の方が身近に感じてしまうんですね。

 

実際、私も婚活で1人だけ完璧すぎて対応に困ってしまう女性とお会いしたことがあります。

 

このような人は、男性が身近に感じるような隙を意図的に作るなどで対処するとよいでしょう。

 

ただ、こちらは婚活女子がもてない理由としては少数派で、他に明確な原因があるケースがほとんどです。

 

婚活パーティーに来ているのに、あからさまにリアクションが薄い人というのは意外といます。

 

恥ずかしいからなのか、人見知りからなのか、それとも来たくなかったからなのか原因は分かりませんが、このような人はまずカップルになれません。

 

全く話しかけてこないなんて人はいませんが、質問に答えても特に話を広げる素振りすらないとさすがに話を続けたいとは思えません。

 

外見がよくても、このような人は婚活パーティーでは真っ先に候補から除外されてしまうので、婚活をする気があるなら愛想は重要です。

 

必死な人と、理想が高過ぎる人

 

男性と女性だと、女性の方が感情などの察知は優れていると思うのですが、私でも何かおかしいと感じることがあります。

 

空回りしていると言いますか、本当に必死になっている婚活女子の人はよく見かけるのですが、このような印象を与えるのはもてない理由になるでしょう。

 

必死さが見えている人を相手にすると、逆に引いてしまうところがるので、あまり関わりたくないと感じてしまいます。焦っているのかもしれませんが、余裕を持って会話に臨むのが婚活を成功させる近道ですね。

 

理想を高く持っている人の場合は、一度理想については白紙に戻してみるのもよいと思います。

 

恋愛と結婚には大きな違いがありますけど、結婚生活は恋愛と比べると妥協が特に重要な気がしますね。

 

それこそ、どんな相手であっても嫌なところが目に付くようになるので、そこを許容できるかが良好な関係を保つためには欠かせません。

 

高く理想を持つのもよいのですが、どれだけ完璧な人と結婚してもいずれは妥協が重要になるので、婚活の時点で妥協に慣れておくのも必要だと思います。

 

理想が高くていい人がいないなら、自分の理想の中で譲れない点と譲れる点をピックアップして取捨選択しましょう。